慰謝料の請求なら慰謝料弁護士ランキングなび

三角の画像

top > 弁護士情報 > 離婚の慰謝料を決める基準

離婚の慰謝料を決める基準

 最近はテレビのワイドショーなどで、有名芸能人の離婚報道などが多くなっていますが、そんなニュースで驚かされるのはその慰謝料の額ですね。億単位なのですからすごいものです。こうした離婚慰謝料に関わったことのない人なら、離婚すればそれだけのお金が手に入るのではないか、と勘違いしてれしまいそう。しかし、こうした慰謝料には明確な相場というものがあるわけではなく、離婚に至る過程でさまざまな問題点があり、それぞれ慰謝料の額も違ってくるのが普通なのですね。たとえばパートナーの浮気が原因だった場合ですと、離婚に至った経緯、またそのときの精神的な苦痛などを考慮して決められます。特に精神的苦痛と言っても、これは人それぞれですからすべて同じ額が算出されるわけではありませんよね。ここがちょっと厄介なところです。

 こうした離婚慰謝料を請求する場合、多いケースで言えば、まず浮気というものがありますね。信頼していたパートナーに裏切られたという場合です。このケースでは慰謝料の相場というものは百万円から五百万円と言われています。しかし、この額も多くの事例で決定された額の平均と考えていいでしょう。先にも述べましたように、離婚慰謝料というものは、さまざまな状況により変わってくるものですから。それで、その慰謝料を決める基準はなにかと言えば、これはやっぱり浮気をされた側の精神的苦痛の大きさですね、これが大きいです。人によってはショックから立ち直れずに、一生苦しみ続ける場合も充分に考えられますから、ここはしっかりと問題にされます。それからその浮気の内容です。これもかなり重要な問題となります。

 よくテレビドラマなどでも大きく扱われる浮気の問題ですが、この浮気にも実にさまざまなシチュエーションがあるもので、いろんなケースが慰謝料請求のカギになっていますよね。たとえば、夫が外に愛人をつくり、子供までできてしまった場合です。これはもう隠しようのない浮気の証拠ですよね。ですから当然のことですが、離婚をする場合、慰謝料の計算材料になります。こうした慰謝料の額を左右する要素としては、夫婦の婚姻期間を始め、年齢、夫婦の関係、浮気の期間、浮気に積極的だったのはどちらか、などが一般的に言われているところです。それでこうした離婚慰謝料を決定する大きな要因は、離婚弁護士にかかっているとも言えます。ですから弁護士を選ぶときにもかなり慎重になることが必要ですね。離婚弁護士ランキングサイトなどは大いに役に立ちます。

次の記事へ

カテゴリー