慰謝料の請求なら慰謝料弁護士ランキングなび

三角の画像

top > 弁護士情報 > 慰謝料弁護士に先ずは相談しましょう

慰謝料弁護士に先ずは相談しましょう

慰謝料とは所謂、精神的苦痛に対する損害賠償を言います。
と言っても、心理的な苦痛を受けたからと言って、何にでも認められるわけではありません。
慰謝料の請求は、不法行為に対する請求になります。
精神や心といったものは物質的な実体がありません。
そのため、怪我等と違い客観的な評価ができません。
相手の行為から推し量るしかありません。
仮に誰かの言葉で心が傷ついても、十分に常識の範囲内であれば裁判で慰謝料は認められないでしょう。
もっとも、一回一回は常識の範囲内であっても、何回も続くようであれば認められるケースも少なくありません。
そして実際に慰謝料を請求するには証拠が必須です。
その不法行為があったことを証明しなくてはなりません。
客観的な記録や第三者の証言が有力な証拠になり得ますが、場合によっては自分で取ったメモや日記も証拠になる可能性があります。
「こんなもの役に立たない」と思わずに、取り敢えずは集めるだけ集めましょう。
その上で慰謝料弁護士に相談すべきです。
もちろん自分で相手方と交渉してもいいのですが、専門家に任せた方が上手くいく可能性は高くなります。
弁護士に依頼しないとしても、相談で有意義なアドバイスを受けることができます。
参考にしてください。



慰謝料の請求は慰謝料弁護士に任せましょう

慰謝料を請求したいけど、どうすればいいのか分からない。
という人は多いはずです。
慰謝料は損害賠償の一つですが、精神的苦痛が対象なので、損害自体を金額として数値化するのは本来は困難です。
「車が壊れた」「骨折した」などであれば、車の修理費や、車が使えない期間の交通費。
骨折の治療費や骨折によって働けない間の賃金など、お金に換算するのは難しくないからです。
慰謝料の場合は金額に換算するための法的規程はなく、いくら請求するかは、請求する側の自由です。
ただ、裁判になった場合は社会通念上や、それまでの前例(判例)によって事実上の相場があります。
裁判を経ない、もしくは裁判の前段階の任意交渉では必ずしも相場に縛られません。
多くの人にとって裁判は未知数であり、そのため出来うる限り裁判を避けようと妥協するからです。
これらの法律が絡む交渉事は、法律の専門家、慰謝料請求であれば慰謝料弁護士に任せるのが得策です。
裁判は勿論、任意交渉でも弁護士の力は非常に有用だからです。
弁護士の持つ専門性やステータスは交渉相手に対し協力なプレッシャーとなり、早期に解決することもあります。
相談内容によっては相談料や着手金を取らない弁護士事務所もあります。
迷っているなら、まずインターネット検索で弁護士の情報を見るだけでも構いません。
得意分野や費用についても意外と詳しく載っています。
メールでの問い合わせが出来る所もあるので、選択肢に入れてみてください。



慰謝料弁護士は今とても注目されている

配偶者が不倫をした場合には慰謝料を請求できると考えている人がいますが、実際には配偶者に不貞行為がなければ慰謝料の支払いが認められない場合もあるのでこの点はよく注意することが大切です。
ただ裁判になった場合には法律に関して詳しくないと不利になるので弁護士に相談をする必要がありますが、最近では不倫問題を専門に扱っている慰謝料弁護士の存在がクローズアップされていて利用する人の数も増えています。
配偶者の不倫により精神的なダメージを受けたり夫婦関係が破綻したとしても、必ず相手に対して慰謝料を支払う判決が下るとは限らないです。
また配偶者の不倫相手に対して慰謝料を請求することができる条件についてよく考えないと、こちらも慰謝料の請求が却下されてしまうこともあります。
そのため最近では配偶者の不倫が原因で慰謝料を請求する場合には、万全を期すために慰謝料弁護士を雇う人が沢山います。

次の記事へ

カテゴリー